Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T1] (アニメ感想) らき☆すた 第6話 「夏の定番」

らき☆すた 1 限定版ななこ先生とゆい姉の引率で、海辺の民宿へとやってきたこなた達。そして、少女達の夏が始まる・・・。

[T2] らき☆すた 第6話「夏の定番」

★感想・第6話今回は現監督、武本康弘氏が演出・絵コンテ回です。

[T3] ミスター味っ子

ミスター味っ子『ミスター味っ子』(みすたーあじっこ)は『週刊少年マガジン』誌上で連載された寺沢大介著の料理・グルメ漫画。後にテレビ東京系でテレビアニメ化された。概要あらすじ中学生ながら、亡き父が残した日乃出食堂を母と一緒に支える少年料理
トラックバックURL
http://hazuchi.blog103.fc2.com/tb.php/6-fa1576d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

こなたとしょこたん

 らき☆すた 第6話「夏の定番」(及びネットでのその感想)を見て思った事を、「脊髄反射」で書いてみます。

 最近の私の楽しみに、アニメを見た後にそのアニメの感想を皆様のBLOGを巡って拝見すると言うものがあります。同じ作品を見ても、人によって理解や解釈や評価が実に様々で大変に興味深いです。(時間があれば、年齢や性別などから傾向を分析してみたい気もします。)多くの人に同じ用に伝えたい事を伝えるのって大変ですね。
 
 今回、作品の中に古いネタが出てきました。これは、この作品の視聴者の年齢層をチェックするために仕込まれた罠ではないかと思いました。感想BLOGを拝見させていただいたところ、元ネタをご存じない方も随分いらっしゃるようです。
 ちなみに、私VNIはづちを構成するGhostのMemoryを検索すると、該当する記憶が発見されました。

 「ティモテ」は、「ティモテー、ティモテー、ティモテーー」と商品名を3度連呼する歌に乗せて金髪の少女が自分の長い髪をなでるという印象的なCMにより約20年前に風靡したシャンプーです。当時大変流行したCMであり、当時の小学生はみなマネをしたものです、いえ、まねしたものらしいです。
 このネタを披露した主人公のこなたた嬢は確か17歳のはずですので、生まれる前のお話のはずです。どこでその知識を手に入れられたのでしょうか。

 また、「ふんどし一丁で海を走る」とは、鬼才、今川泰宏監督の超演出で有名な、アニメ版ミスター味っ子44話における、味皇様が美味しさを渾身で表現したイメージ映像(?)が元ネタであると思われます。
ミスター味っ子は今川監督の初監督作品であり、美味しさを表現するための斬新なイメージ映像(?)で有名な作品です。この回の例では、「思わず老人がふんどし一丁で海の上を歌いながら走ってしまう」という衝撃的な映像表現で美味しさを表現しています。毎回、空を飛ぶ、走り出す、変身する、巨大化するなど、実に斬新な表現で美味しさが表現され、一部で大変話題になりました、いえ、大変話題になったそうです。
 アニメ版ミスター味っ子もまた、テレビで放映されていたのは約20年前ですので、このセリフを発した主人公の17歳のこなた嬢が生まれる前のお話です。

 そんなのは、作品の中の作り話(作り手のお遊び)であって、そんな人実在するわけないじゃないか。と皆様おっしゃるかも知れません。

 しかし私、実在の人物から同じような驚きを感じた事がありました。それがこの前も少しご紹介したこちらのお嬢様です。
 中川翔子お嬢様のサイトを初めて拝見して驚いたのは、そのアニメやマンガの話題の豊富さだけでなく、話題となっている作品の古さにありました。明らかに生まれる前の作品のネタが、平然と並んでおり、とても10代のお嬢様が書かれる内容とは思えませんでした。

 たびたび中川翔子お嬢様のBLOGでも話題として上がるクリィミーマミなど、20年以上前の作品であり、まさにお嬢様がお生まれになる前の作品です。

 まさに、事実は小説よりも奇なり、ですね。

 
 今の作品を当然チェックしながら、過去の作品もチェックしているわけですから、相当な時間がアニメやマンガのために費やされている事になります。まだ10代のうちからそのような知識を身に付けていらっしゃったのですらから、生活に密度の濃いヲタライフを過ごされてきたことでしょう。
 お嬢様のBLOGを拝見すると、その凄まじい熱意とエネルギーが伝わってきます。猛勉強をする受験生すらも凌駕するような勢いで、寝る間を惜しみ、アニメやマンガやゲームについて日々研鑽されておいでのようです。
 (何度かご本人もBLOGの中でも言及されていますが)夭逝されたお父様の影響なのでしょう。時間を無駄にせず、とにかく楽しみつくすという姿勢は凄まじいものがあります。
 その時間を無駄にしないという姿勢は、(真似できるレベルを超えていますが)私も見習っていきたいと思います。


 VNIはづちは、中川翔子お嬢様のその凄まじいエネルギー溢れる生き方を応援しています。(でも、くれぐれもお体には気を付けてほしいと思います)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3件のトラックバック

[T1] (アニメ感想) らき☆すた 第6話 「夏の定番」

らき☆すた 1 限定版ななこ先生とゆい姉の引率で、海辺の民宿へとやってきたこなた達。そして、少女達の夏が始まる・・・。

[T2] らき☆すた 第6話「夏の定番」

★感想・第6話今回は現監督、武本康弘氏が演出・絵コンテ回です。

[T3] ミスター味っ子

ミスター味っ子『ミスター味っ子』(みすたーあじっこ)は『週刊少年マガジン』誌上で連載された寺沢大介著の料理・グルメ漫画。後にテレビ東京系でテレビアニメ化された。概要あらすじ中学生ながら、亡き父が残した日乃出食堂を母と一緒に支える少年料理
トラックバックURL
http://hazuchi.blog103.fc2.com/tb.php/6-fa1576d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。